あの頃の着物

着物でリメイク小物?それはアイデア次第です!

着物をリメイクして小物を作ることは箪笥の中で眠っていた古い着物を新しくよみがえらせることができますし、ものを大切に使い続けることができます。アイデア次第でさまざまな小物にリメイクすることができます。

着物のほどき方ですがはさみかジッパーを用意して着物を縫うときと反対にほどいていきます。基本的に手縫いなので簡単にほどく事ができます。

最初はかけ襟からほどき、次に袖、おくみの順番でほどき、最後に前身ごろ、後ろ見頃の順番でほどきます。裾がほどけたら表生地と裏生地を離します。着物を仕立てる時に着用時に力のかかる所は生地の破れを防ぐために止めてあります。身八つ口、袖付け、襟付け、袖付け止まりは気を付けてほどく必要があります。全部ほどけたら大きな容器に中性洗剤を入れて押し洗いをしてから2~3回すすぎ、雑巾のように絞らずにバスタオルに巻いて水分をとり、その後アイロンで仕上げたら終了です。思いのままにリメイク小物を作ることができます。