あの頃の着物

小物を上手に使いこなせば、着物美人に近づけます

着物は伝統ある日本を代表する服で、結婚式や式典などにも着ていける美しい正装です。着物は華やかな柄や模様に目を奪われがちですが、上級者になると小物使いがとても素晴らしく粋な演出をしてくれます。

着物で使用する小物は沢山あり、季節や用途に合わせて使い分けができます。

伊達衿、重ね衿は、首元に付ける事により、単調になりがちな色合いにスパイスを利かせてくれます。赤や青といった鮮やかな原色から金色や銀色の光を反射する素材もあり、着物にアクセントが付けられます。

帯留めと三分紐は、使い方により着る人を少女にも大人の女性にも変身させてくれる影の立役者です。シックな着物のなかでも帯留めや紐の色使いによって、初々しい印象を与えたり、真珠などの宝石の帯留めで豪華な印象を与えたりできます。

女性の美しい髪を更に美しく見せてくれる小物は髪飾りです。季節の花をモチーフにしたものなら、その季節にあった花を髪に飾り風情がでます。