あの頃の着物

着物と帯締めの種類を知れば世界は広がります

着物を着る時にはなくてはならないのが、帯締めです。着物の種類によっては帯締めを使わない場合もありますが、名古屋帯や袋帯を結ぶ場合に帯締めは絶対に必要となります。帯締めには、丸ぐけと丸組と平組と呼ばれる3種類が存在していおり、その中でも着物を着る時に良く使われているのが、平組です。金や銀を使った平組は、訪問着等のフォーマルな装いにも大変適しています。平組でもデザインによって使い分けを行う事が大切となります。平組の中でも格調が高いとされているのが、高麗組と唐組となっています。使用する季節によっても色合いや使われている素材を変化させる事が大切です。

丸ぐけは、花嫁衣裳の場合に使用される帯締めとなっている為に、普段の生活で使用することはありません。丸組みは、結び目を気にする必要が無い為に、着物の初心者でも簡単に締める事が出来ます。太さや色合いによっても、よそ行きとカジュアル使いに使い分ける事が出来ます。